ねこのこと

nekonokoto.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 04日

ブールデジエール城

ええ、古城ホテルに泊まりましたとも!

d0249190_1633892.jpg


世界ふしぎ発見でもロケしたブールデジエール城。
国王フランソワ一世が愛人マリー・ゴードンの為に作らせたお城で
城館から庭園へ続く門はレオナルド・ダ・ヴィンチの作だとさ
現在はブロイユ公爵家の三男坊 通称トマト公爵所有

城をホテルに改築してるので部屋の設備、装飾等にバラつきがあるので
どの部屋に当たるかは恨みっこなしの運まかせとの事前告知
覚悟は出来てたが 当然のごとく私は別館

d0249190_16292678.jpg


エレベータもない。ポーターさんなんていやしない
狭い螺旋階段をスーツケースを持って自力で上る
室内は広いしキレイに改装されてるけど
洋服ダンスの取っ手がなかったり屋根裏の女中部屋みたいな感じ
中腰にならないと窓から外も見えねーみたいな
室内にはダブルベッドが二つ 
うち一つは屋根の切妻みたいな場所でなんか怖くて
メインのベッドで二人で寝ないかい?で即合意(笑)
しかも、廊下の電気の接触が悪いのかひとりで点いたり消えたり
うす暗い脇道?みたいな階段には進入禁止のマーク
きっと開かずの間があるに違いないぞー
やっとのことで入室してホッとしたのもつかの間 
警報機が誤作動で鳴り響いたのがとどめだな

d0249190_16363156.jpg


でもねー メシが良かった♪
メインの付け合わせのポテトグラタンのクリーミィで旨いのなんのって
もちろん肉も柔らかくてジューシーだし
前菜のサーモンもパイも最高
シェフの腕は相当な物と見たぞ さすが結婚式もできる所だもね

なので満腹だったからかなー 食後、荷ほどきもせず顔も洗わず
爆睡 目覚めたのは夜中の3時 もうそのまま朝まで直行

早起きしたので朝、美しいお庭を散歩してゆったりできたとも言う。

d0249190_1647630.jpg


こっちの本館にはエレベーターもあるし本館で寝たかったな~
でも、しようとしてもなかなかできない経験をさせてもらったね
風情があって満足したよ

そして、いよいよパリへ
[PR]

by nekonosanpo3 | 2011-12-04 17:04 | あたしのこと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nekonokoto.exblog.jp/tb/15053596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kinocochan at 2011-12-07 21:04
おおおっっっ!!!なんてりっぱな古城。普通のホテルとは比べ物にならないですね。

トマト公爵って!!(笑)夕食はトマト料理はでましたか?
お肉もサーモンも美味しそう。雰囲気も料理も贅沢づくしですね。
Commented by nekonosanpo3 at 2011-12-08 13:15
kinocoさん

確かに古城らしさを
たらふく味わったって感じですよー

夏にはトマト料理が出るらしいですが
もう収穫終わってましたね
なんと言っても北海道人の私でさえ感動した
ポテトグラタン♪
あのソースは絶品でした。あー、また食べたい(笑)


<< パリ・初日の昼間      ロワールの古城を堪能 >>